プログラミング

第一回プログラミング無料体験会 6月13日

投稿日:

初めての無料体験会

皆さん、こんにちは。ハッピースマイル・ラボの山中孝一です。

今月6月13日13時からハッピースマイル・ラボとして初めての無料体験会を神戸市灘区水道筋のイベントスペースにて開催いたしました。

前週の6月6日にイベントスペース近辺でビラ配りを行い、その後ご予約を一人いただいていました。

予約の電話を受けたときはめちゃくちゃ嬉しかったです。

前日までに教材を用意し、カリキュラムのシミュレーションを行い子どもたちを迎える準備は万端でしたがかなり緊張して当日を迎えました。

当日はイベントスペースに11時に入り、開催の準備を進めていました。

ここでアクシデント発生!!

昨晩充電したはずのタブレットが充電されていない。持ってきた充電器を差し込んでも充電されない。

ガーン!! タブレットが使えない・・・・

原因は昨晩の充電と持ってきた充電器にタブレットが対応しておらずそれで充電されていませんでした。

慌ててコンビニで充電器を購入し充電することが出来ことなきを得ました。

そうこうしているうちに13時前になりご予約を頂いていたお子さんがお母さんと到着!!

そして、13時なり飛び入りでもうひとりお子さんがお父さんと一緒に来られました。

カリキュラム内容

参加者は5歳の男の子二人でした。当初参加者は一人だと思っていたので始めのカリキュラムは一人の男の子でスタートしていましたので、後からきたお子さんは次のカリキュラムからの参加になりました。

始めのカリキュラムは「じぶんのせつめいしょ」です。

いわゆる自己紹介の練習です。

名前、年齢を自分で言えてさらに、プラスしてなにか言えるように練習をしました。

好きな食べ物や好きなテレビや好きな色。

何でもそのときに思ったことを言えるように練習していきます。

その次のカリキュラムは「今日のありがとう」です。

今日のありがとうは、誰かありがとうと言いたい人がいるか、その人になんて言いたいかなどを子どもたちとやり取りしていきます。

5歳のお子さんには始めは難しいと思いますが、好きな人いる?ママやパパは好き?などと声を掛けて子どもたちの気持ちを引き出し、ありがとうという練習をします。

子どもたちに「ありがとうは魔法の言葉、言った人も幸せな気持ちになれるし

言われた人も幸せな気持ちになれる魔法の言葉なんだよ」と伝えました。

その後次のカリキュラムのプリントを二人にしてもらいました。

プリントはパズルです。ルールを説明してその内容を理解してパズルを解いていく。

この流れで論理的思考とはどんな考え方かを練習してもらいます。

プログラミング学習に取り掛かる前の事前準備を考えてもらえばいいです。

子どもたちは難しいと言いながらも一生懸命取り組んでいました。

それが終わってプログラミング学習に取り掛かりました。

始めてのプログラミング学習と5歳という年齢を考え、

まずは電子機器を使わない教材(ロボットタートル)から始めました。

ルールを説明し、始めはなかなか理解するのが難しかったようですが

最後には笑顔で楽しんでくれていました。

体験会の感想

子どもたちは始めてのプリントや教材に戸惑いはありましたが、最後には「また来るね」と言って笑顔で帰ってくれたので、初回にしてはまずまずな体験会になったと感じています。

しかし、まだまだ見直すことはたくさんあったので次回開催するときには修正してもっと子どもたちに楽しんで帰ってもらえるカリキュラムにしていこうと思います。

今後の無料体験会日程

7月は7月11日日曜日に水道筋のイベントスペースで行います。

12時から小学校3年生までが対象

13時から年長さんが対象

各回3名まで、予約が必要となります。

8月は8月8日日曜日に同じ場所で開催します。

同じく

12時から小学校3年生までが対象

13時から年長さんが対象

各回3名まで、予約が必要となります。

無料体験会は8月で一旦終了し9月から料金を頂き小学校高学年も対象としたカリキュラムを

スタートしていこうと思います。

これからもハッピースマイル・ラボをよろしくおねがいします。

 

 

-プログラミング
-

Copyright© ハッピー・スマイル・ラボ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.